日焼け後の肌は敏感なので注意!

 

夏の日差しの強い時期には、日焼け止めクリームを塗って外出するのが一般的です。

 

しかし、長時間の外出をしていると、どれだけ念入りに塗っていても防ぐことができないものです。

 

日焼けと聞くとどうしても焼かないことを第一に考えるものですが、焼けた後のスキンケアも大切なことです。

 

日焼けは火傷と同じようなもので、紫外線でダメージを受けた肌は内部で発熱して火照ったり炎症を起こしている状態です。

 

とても刺激に敏感な肌となっているため、この状態で放っておくとシミの原因ともなることから、肌の健康を守るためにも帰宅後はすぐに肌を冷やしたり、保湿して労ってあげることが必要になります。

 

手っ取り早い方法としては水のシャワーを浴びたり、水風呂に浸かるのが良いのですが、水が冷たすぎると身体を芯から冷やしてしまうので注意しましょう。

 

冷たいのが苦手という人は、タオルを水に濡らして日焼けした部分に押しつけたり、顔に被せるなどして暫く置いておくと良いです。

 

ヒリヒリするような痛みがある場合は、しっかりと冷やして痛みがなくなるまで待ってから保湿成分を含んだ美白化粧品などを塗ります。

 

保湿することで肌の乾燥を回避し、刺激を抑えてくれるので日焼けによって黒くなる肌やシミを防ぐことができます。

 

また、日焼けを繰り返すとせっかくの美白が台無しになるので、1度でも日焼けしたら何度も繰り返さないように、なるべく長時間の外出は控えるようにしましょう。