ビタミンC誘導体は肌に優しい美白成分

 

美肌に欠かせない成分といえばビタミンCですが、シミの元であるメラニン生成を抑える働きがあり、メラニンを薄くする効果も認められています。

 

紫外線による活性酸素を取り除く抗酸化作用もあるので、老化を防げますし、コラーゲンの生成を促し、肌のハリと弾力を維持する働きもあります。

 

抗炎症作用により、ニキビの悪化やニキビ跡を防いだり、皮脂の分泌をコントロールして、毛穴を引き締め、目立たなくする効果もあるので、荒れた肌には効果的です。

 

ただし安定性が低いため、空気に触れると酸化しやすく、肌に吸収されにくい性質なので、そのままでは使用することが出来ません。

 

このようなビタミンCの欠点改良して生まれたのが、ビタミンC誘導体になります。

 

角質層まで浸透しやすく、肌に吸収されてからビタミンCに変化し、それを長時間保てることから、美白化粧品の多くに用いられています。

 

水溶性ビタミンC誘導体、脂溶性ビタミンC誘導体、高浸透型ビタミンC誘導体(APPS)の3種類がありますが、このうち水溶性はべたつかず、さっぱりしているので脂性肌の方におすすめです。

 

メラニン生成を抑えつつ、新陳代謝をアップしてメラニンの排出をサポートして、シミやくすみの改善を促します。

 

皮脂分泌も抑えられますが、そのために肌を乾燥させやすく、刺激も与えるので、敏感肌や乾燥肌の人は使わない方が良いでしょう。

 

敏感肌や乾燥肌の人は、肌に刺激が起こりにくい、脂溶性ビタミンC誘導体や高浸透型ビタミンC誘導体(APPS)配合の美白化粧品を使いましょう。