シミを消す作用のあるハイドロキノンについて

 

美白化粧品などに配合されているハイドロキノンは、欧米では昔から使用されてきた成分で、シミの特効薬として利用されています。

 

日本でもシミの治療に使用するため、医療用として利用されてきましたが、厚生労働省によって化粧品に配合することが認められた成分です。

 

肌の漂白剤とまで言われるほど効果は絶大で、他の美白成分に比べても100倍近い美白効果があると言われています。

 

肌にできるシミはメラニン色素が肌に定着したものですが、その原因は紫外線などによって刺激を受けたメラノサイトが、チロシナーゼと呼ばれる酵素を活性化させることにあります。

 

還元酵素として働くチロシナーゼがアミノ酸であるチロシンに作用することで、黒色のメラニンに還元されるようになります。

 

これが角質層の深くに定着することでシミとなるのですが、ハイドロキノンは角質層に入り込むとチロシナーゼの働きを阻害するようになります。

 

この作用によって肌が黒くなったりシミができる原因を抑制するのですが、さらにメラニン色素そのものを薄くする還元作用を持ち合わせていることから、予防だけでなく現状の肌トラブルを解決してくれます。

 

とても強力な美白効果を持ち合わせていますが、強力な分だけ肌への刺激性が強く、高濃度で使用すると肌が赤らむだけでなく、かぶれや荒れといった問題を引き起こします。

 

そのため、厚生労働省では化粧品に配合できるのは2%までとし、高濃度のハイドロキノンは皮膚科などの医療機関でしか処方できないように決められているのです。